toggle
Novel
  • 2019年11月04日

    障害など関係ない

    私たちの長男はダウン症だった。 事前に検査を受けていなかったため、産まれてから医師から知らされた。 私も主人も […]...

    続きを読む

  • 2019年10月30日

    好きの向こう側

    僕が一目惚れして交際を申し込んだ彼女と付き合って一年が経った。 彼女は僕と付き合う時に「気持ちは嬉しいし、今特 […]...

    続きを読む

  • 2019年10月27日

    満月の夜に

    月を見上げて涙を零す。 もう、何度繰り返してきたろうか。 あなたは、もうここにはいない。 遠いところへ行ってし […]...

    続きを読む

  • 2019年10月23日

    償いの親孝行

    職業について聞かれ「介護職です」と答えると、その反応が大体二通りに分かれる。 ひとつは「やっぱり力仕事だから男 […]...

    続きを読む

  • 2019年10月21日

    恋焦がれ

    恋焦がれるという言葉があるけれど、本当に焦げ付くようなヒリヒリとした痛みを伴う恋をした。切ないという言葉が、ま […]...

    続きを読む

  • 2019年10月19日

    友情のバトン

    僕は小さい頃、運動が苦手だった。毎週の体育の授業はいつも苦痛だった。 男ってのはつくづく不公平だよなぁ、と思い […]...

    続きを読む

  • 2019年10月15日

    夫婦の溝と絆

    夫と喧嘩をしてしまった。 大した火種ではなかったのだが、私が疲れてイライラしていたところに、夫が帰ってきて、私 […]...

    続きを読む

  • 2019年10月11日

    想い人

    もう何度寝返りを打っただろうか。 眠れない。 心臓が刻む鼓動が耳元で鳴り響いて、目を閉じても全く眠気に襲われず […]...

    続きを読む

  • 2019年10月11日

    敬老の日に

    敬老の日に孫たちが遊びに来るというので、私は久々にそわそわした気分になっていた。 息子も娘も東京で暮らしていて […]...

    続きを読む

  • 2019年10月04日

    私を変えてくれた

    中学生ぐらいの頃からだろうか。自分に自信が持てなくなり、自分の事を忌み嫌うようになったのは。 成長期に急に肉付 […]...

    続きを読む

  • 2019年10月04日

    山登り

    山登りが好きだ。 黙々と登山道を歩いて行くのが大好きだ。 なぜなら、無心になれるから。   元々山登 […]...

    続きを読む

  • 2019年10月04日

    木洩れ日の中に

    近所の公園を走っていると心が浄化されるようで、私はよく勉強に行き詰まると決まって公園へと走りに出かけた。 高校 […]...

    続きを読む

  • 2019年10月03日

    学生オーケストラ

    「え…?」 空気が止まった。 騒めきがサーッと遠のいて、水を打ったように静まり返った。 「入院&# […]...

    続きを読む

  • 1 2 3